fp-keiko

【セミナー開催報告】争族を笑顔相続に!今から学ぶ終活入門講座

こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているfp-keikoです。
9月6日(日)に、ご縁があり地元の公民館でセミナーを開催させていただきました。
テーマは「争族を笑顔相続に 今から学ぶ終活入門講座」です。

こちらの公民館は地元ということもあり、初めて年金セミナーを自主開催した経緯がありました。
その際、公民館の催しに年金や相続について公民館行事として開催させていただきたいとお願いしたところ、職員の方がこちらの活動に理解を示してくださり、実現しました。

公民館の利用者は子どもと高齢者が多いとのことで、大人を対象とした、相続、終活についてはどうかとご提案いただきました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大により、セミナーは延期となっていましたが、緊急事態宣言後初の公民館事業に当講座をさせていただける運びとなりました。

ソーシャルディスタンス、3密回避の中、7名の方にご参加いただきました。近年、想定外の自然災害やコロナ禍の状況において、相続、終活の必要性は高っていることと思います。相続には具体的な遺産分割、節税対策などが浮かぶところかと思いますが、まずは争わない相続、エンディングノート遺された家族への想いを伝えることの大切さを事例を交えてお伝えしました。

今後も地域に密着した活動を積極的にさせていただきたいと思います。
コロナ禍において開催できたこと、ご尽力いただいた公民館の方にお礼申し上げます。

参加者の感想、アンケート結果

性別:男性2名、女性5名
年代:70歳以上5名、50代1名(未回答あり)
事業の紹介:広報誌・知人等の紹介
参加理由:興味があったから・役に立ちそうだから

<5段階での回答です。(とても良い・良い・普通・悪い・とても悪い)>
1.内容や資料のわかりやすさ
  とても良い・良い
2.講座の充実度・満足度
  とても良い・良い・普通
3.今後も参加したい内容か
  とても良い・良い
4.総合的な評価
  とても良い・良い

<自由にご記入ください>
・エンディングノート、さっそく考えて実行したいと思います
→ぜひ、実行してください
・わかりやすい事例でよかったです
 初級、中級、上級というふうに繋げていけたらよいと思います
→ありがとうございます
・相続は金額ではないと言うことが分かった
 これからは家族葬が多くなると思うので、誰を呼ぶか考えられない!
→難しく考えないでください
・前から興味があり受講しました
 自分史を作るつもりで、エンディングノートを作りたいと思います
 葬式、お墓のことは、少し話していますが、相続の事ははっきりした方が良いのかと考えます
 節税についてききたい!
→エンディングノートを作ってください
 今後、公民館の方と第2弾について検討させていただきたいと思っています。
※→後は返事を記載させていただきました。

皆様からいただいた感想を参考に次回へと繋げていけたらと考えています。
ありがとうございました!

関連記事

FPジャーナル2021年2月号にて執筆しました!「生活保護法の原理・原則と改正点」
FPジャーナル6月号誌上講座(第257号) ライフプランニング・リタイアメントプランニングを担当させていただきました。 今回のテーマは・・・ 「生活保護法の原理・原則と改正点」 2020年から始まった新型コロナウイルス感染拡大の影響により、想定外の事態に苦しんでいる人に、生活保護はセーフティーネットとなります。新型コロナウ……
【登壇報告】職業紹介責任者講習の講師をさせていただきました(7月9日)
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているfp-keikoです。今回も登壇させていただきました。法定講習である「職業紹介責任者講習」です。12名の受講者の方がいらっしゃいました。 職業紹介には一般的に無料と有料の職業紹介があり、現在は圧倒的に有料の職業紹介が増えています。有料の職業紹介を事業として行うには、厚生労働大臣の許可が必要です。許……
【メディア掲載実績】ファイナンシャル・フィールド(国民年金編)年金が振り込まれない! 年金事務所に確認しに行こうと書類を整理したら年金請求を忘れていたことが発覚……どうすればいいですか?
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているenishiafp-keikoです。メディア掲載報告です。お金と暮らしを考えるファイナンシャル・フィールドさんにて、記事が掲載されました。今回は国民年金編についてです。 うっかり忘れてしまう人もいらっしゃいます。年金は請求することが必要です。ご興味がございましたら、ご一読いただけると幸いです。 ……
【メディア掲載実績】ファイナンシャル・フィールド(セカンドライフ編)【定年後の年金】嘱託社員として再雇用された場合、どのような手続きが必要?
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているenishiafp-keikoです。メディア掲載報告です。お金と暮らしを考えるファイナンシャル・フィールドさんにて、記事が掲載されました。今回はセカンドライフ編についてです。 セカンドライフの働き方は、60歳定年で希望すれば65歳まで再雇用で働くという契約の会社が多いと思います。ですが、働き方の多……