fp-keiko

【ご挨拶】謹んで新年のお祝いを申し上げます

皆様には、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
旧年はコロナに始まり、コロナが収束しないまま1年が過ぎてしまいました。
新たな1年は、多くの方が明るく楽しく過ごせるよう、コロナの収束をお祈りしています。

昨年、弊所は2周年を迎えることができました。ご縁をいただいた多くの方に感謝申し上げます。
しかしながら昨年はコロナウイルス感染拡大により、多くの方が悩み辛い時期を過ごされたのではないでしょうか?少しでも皆様のお役に立てるよう努めて参りました。本年もご要望やお悩みに添えるよう努めて参ります。

コロナウイルス感染拡大により、昨年は助成金の申請にはじまり、労務相談が増えました。また、働き方も変わり、テレワークが推奨され、ニューノーマル時代に対応した働き方をせざるを得ない状況になりました。物事をネガティブに考えていても良い方向には進んでいかないと思います。ニューノーマル時代を切り拓くことを前向き考えはじめることをお勧めします。

例えばテレワークを導入することで通勤時間がなくなり、時間を有効に使うことができます。特に育児や介護をしながら働く方にとっては、働き続けられる環境になったのではないでしょうか?しかし新しい環境にはメリットもデメリットもあります。お一人で悩むことがありましたら、専門家にご相談ください。

事業主様、個人の方、お客様に寄り添ったサービスの提供を行うことをモットーに活動して参ります。疑問や不安、お悩み等ございましたら、弊所にご相談ください。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事

【メディア掲載実績】ファイナンシャル・フィールド(セカンドライフ編)【定年後の年金】嘱託社員として再雇用された場合、どのような手続きが必要?
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているenishiafp-keikoです。メディア掲載報告です。お金と暮らしを考えるファイナンシャル・フィールドさんにて、記事が掲載されました。今回はセカンドライフ編についてです。 セカンドライフの働き方は、60歳定年で希望すれば65歳まで再雇用で働くという契約の会社が多いと思います。ですが、働き方の多……
【メディア掲載実績】ファイナンシャル・フィールド(家計(FP)編)「夫が生活費を入れてくれない…「経済的DV」を受けたら、どう対処すればいいの?」
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているfp-keikoです。メディア掲載報告です。今回は暮らし(FP)の分野にて、書かせていただきました。今回のテーマは「ドメスティック・バイオレンス(DV)」です。 夫が生活費を入れてくれない…「経済的DV」を受けたら、どう対処すればいいの? DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、明確な定義……
業務改善助成金を利用してみてはいかがでしょうか?その2
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているfp-keikoです。今回は9月に申請した業務改善助成金の実績報告書を提出するため、再び埼玉労働局まで行ってきました。 10月から最低賃金が28円上がり、そのタイミング前に助成金申請。生産性向上の設備投資も導入し、いざ実績報告書作成しました。 10月からでも最低賃金をアップさせて、業務改善の……
【メディア掲載実績】finasee ココが変だよ!公的年金5 60~65歳の年金が2段階で減る? 雇用保険と厚生年金で行われる“調整”とは
こんにちは。FPと社会保険労務士の二刀流で活動しているfp-keikoです。メディア掲載報告です。フィナシーさんで記事が掲載されました。 フィナシーさんは「金融の見える化」を通して、人生100年時代のWell-Beingな資産形成とその先にある資産管理を応援するメディアです。 前回、初めて記事を掲載していただきました。ココが変だよ!公的年金をシ……